書籍紹介:投資の大原則(The Elements of Investment)

怠けもの、の本性が出て、ブログを全く更新していませんでした。久々の更新です。
IRやファイナンスに近い方ならよくご存知のバートン・マルキール、チャールズ・エリスが、投資の初心者のために
わかりやすく基本的な原則を紹介しています。
(マルキール先生は「ウォール街のランダムウォーカー」、エリス先生は「敗者のゲーム」の著者です。)

要点としては3点で
1. 分散投資(なるべくグローバルに)
2. 手数料の安い投信を選択する
3. 年に1回程度リバランスしつつ長期に持つ
ライフサイクルによる資産の比率も紹介されていて、これから投資したい人には福音になるでしょう。

ウォール街のランダムウォーカーでも実証結果が紹介されているように、アクティブ運用はインデックス運用のリターンに及ばないケースが多い。理由の一つは手数料ですね。というような具体的な事例をあげつつ、やさしく説明されていますので2時間もあれば読めます。
特に20代、30代の若い方に強く進めたい本です。今日の100円の節約と投資が20年後の1万円のリターンとなることが実感できるでしょう。



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 「投資の大原則」のミニレビュー・評価

    Excerpt: インデックス投資の世界で、古典的名著を表した2人の大御所が、共同で執筆した初心者向けの投資本がこれ。 投資の大原則/バートン マルキール ¥1,680 A.. Weblog: 夢を実現するお金が好き|資産形成・アフィリエイト・現金プレゼント racked: 2011-01-28 09:44
  • プラダ メンズ

    Excerpt: 書籍紹介:投資の大原則(The Elements of Investment) IR Discovery Channel/ウェブリブログ Weblog: プラダ メンズ racked: 2013-07-06 04:48