寄稿 長井進のIR講座 第2回 個人株主との交流における重要な視点

個人株主、なかでも「お客さまファン株主」とは、その企業の商品を日常的にお使いくださるごく一般の大衆の方々である。その大衆個人の株主の方々が企業の発信する情報について、直接的にしろ間接的にしろ、どのように受けとめられているのか、この事実認識が一番肝心だと考えている。 その核心となるものが、“フェア・シンプル・タイムリー”に固執した情報開…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more