寄稿 長井進のIR講座 第3回 株主構成と企業価値

前回は、カゴメの株主が17万名までになったことをお話しした。個人株主が増加したことによるメリットは、なんといっても時価総額の増大、高止まりである。あの日経平均が半減したリーマンショックの時でさえ、カゴメの株価は2、3割程度の下落に止まり1,500円前後で推移していた。時価総額と株主資本・純資産とのかい離は大きく、PBRで見ると1.6~1…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more